施設のご案内

基本理念・方針

基本理念

人としての尊厳を支えるケアを提供する

基本方針

  1. 入居者様ひとりひとりの人生を尊重しケアします。
    *職員は常に入居者様の立場に立ち誠意をもって支援します。
    *ひとりひとりの「望み」「好み」を大切にし、希望されることは出来る限り協力していきます。
  2. その人らしく安心して最後の時を迎えられるようにケアします。
    *職員は入居者様の意思を尊重しご家族、職員とで協働し「看取りケア」を推進します。
    *安全に、健康で過ごせるように生活施設としてできる限りのケアをしていきます。
  3.  原則的に身体拘束はいたしません。
    *緊急やむ得ない場合を除き身体拘束はいたしません。
  4. 入居者様とご家族、地域との繋がりを大切に社会とのつながりを感じられるようにケアします。
    *入居者様がご家族や外部との交流が図れるように支援します。
    *入居者様と家族・地域の方々と楽しく触れ合える環境作りに努めます。

特別養護老人ホームとは?

特別養護老人ホームは「介護老人福祉施設」とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設です。

介護00要介護1〜5の方に対し、食事や排せつ、入浴など日常生活上の介護を受ける事ができる「生活の場」で入居期間に制約はないため“終の棲家(ついのすみか)”といえます。

特別養護老人ホームは常勤医師の指定がないため、医師が不在の施設がほとんどです。日中は看護師がおり、健康・衛生管理にあたっています。


二本松いわしろ紀行とは?

沿革

平成22年7月 社会福祉法人設立準備委員会設置
平成22年8月 社会福祉法人 藹々 設立
平成23年10月 「特別養護老人ホーム 下亀田紀行」開設
平成26年10月 「特別養護老人ホーム 二本松いわしろ紀行」開設
平成3011月 「地域密着型特別養護老人ホーム 逢瀬町ただの紀行」開設

特徴

  • 長期入居80名、短期入所(ショートステイ)20名の計100名定員です。
    2階建の建物は一年を通じて日当たりがよく、大きな窓からは遠くの山々の季節ごとの景色が楽しめます。
  • 平成26年10月、二本松市のいわしろ地区に開設。
    いわしろ地区には施設がなかった為、待ち望まれておりました。
  • 1階にある地域交流ホールで地域の方々との交流が楽しめ、入居していながらも社会とのつながりが感じられます。
    施設内行事を実施するだけでなく、近隣の住民や学生、園児などさまざまな世代の方々と交流するスペースとしてホールを有効活用しています。
  • 全室個室・・・ユニット型で10個室に対し複数のリビング(共有スペース)があり、家庭的な雰囲気を感じられます。
    リビングでは皆さんとお食事やおしゃべりを楽しめ、普段は個室でゆっくりとご自身の時間やご家族との団らんを過ごせます。

館内フロアマップ


施設内写真

共同生活室

共同生活室
ユニットで生活される皆さんが語らいや憩いの場となる交流スペースです。

地域交流ホール

地域交流ホール
地域の皆さまとのコミュニティスペースです。

居室

居室
エアコン・洗面設備が完備されています。

浴室

浴室
またがずに入れる浴槽で安全に入浴できます。

機械浴室

機械浴室
寝たきりの方でも入浴できます。

トイレ

トイレ
車イスの方でもゆったり利用できます。